汗だく誘惑密着痴女り姉貴 天使もえ

作品詳細

タイトル
汗だく誘惑密着痴女り姉貴 天使もえ
再生時間
122分
ジャンル
汗だく, 姉・妹, お姉さん, 主観, 単体作品, 痴女, ハイビジョン
女優
天使もえ

熱くて、そして、近い。我が家の姉の濃密な誘惑…夢中で溶けるようなセックス。両親不在のこのタイミングで、汗だくで迫って来るお姉ちゃんとぐしょ濡れになって秘密の交尾を繰り返す。この色気を弟(あなた)に向けて、いやらしい言葉を吐き続ける姉貴との生活をお楽しみ下さい。

作品レビュー


  • 汗だくになりたい

    お気に入り女優のもえちゃんがお姉さん役で弟と交わる…主観作品。最初はオナニー場面で軽蔑していたが次第に小悪魔的に迫っていきひと夏の暑い日に汗だくになりながら最後は母性的な部分も見れてその役にハマる女優さんですね。シーンも豊富で個人的には最後の交わった後にお口でもう1発抜いてあげるところが女優魂を感じました(笑)


  • やっぱりモザイクが…

    天使もえさんの主観作品。お気に入りの女優さんの主観作品ですから面白かったです。◆ただ、FALENOに移籍してからはモザイクが濃くなってしまったように思えて…今作もせっかくの主観なのに…残念ながらフェラしてるときとかモザイク濃すぎてどうにもね…。


  • 愛あるエロと癒しを求める人に。もえねえちゃんがひたすら愛おしい。

    もえちゃんの愛に溢れたまなざしと優しい言葉にキュンキュンきます。大好きな弟にくっついてきて見つめる主観映像がめちゃめちゃ可愛いです。目をウルウルさせながら優しく時に甘えるように顔を寄せて見つめる表情からは好き好きオーラがにじみ出ています。とにかくもえちゃんの顔が好き!という方にはいまのビジュアルの魅力がしっかりと感じられます。4つのエピソードでは基本お姉ちゃんらしく上から目線でリードしたり攻めに回るもえちゃんですが、ときおり恥ずかしそうにはにかんだり触られて嬉しそうにしたりするギャップにやられます。そして弟が自分のことを好きなのを感じでテンションを上げ、自分に興奮するのを見て興奮していくもえちゃんの静かに歪んでる感じがまたいいです。いちばんおすすめなのは最後のエピソード4。晩酌に付き合わせて弟に説教するもえちゃんが超絶かわいいです。仕草も口調も偉そうにしようとしているのにめちゃめちゃ甘えた感じなのが良いです。「そんなんだから彼女ができないんだよ」というもえちゃん。「でもさあでもさあ」と弟に近寄ってきたぴたっとくっついてきます。至近距離で上目遣いに見つめながら「あんたに彼女できちゃったらもうこんなふうに一緒にいられなくなっちゃうかもしれないしね」とささやきます。近寄ってきたときの「でもさあ」が最高です。このラブラブ気分から「したくなっちゃった」で始まる絡みが次第に熱を帯びてきます。交わりながら何度も口にされる弟を求める言葉が熱いです。特に途中にある長めのセリフは、ひとつになりたい離れたくないという気持ちが表現されていて思わずグッときます。そして途中からは沈黙が多くなり快感に集中するように。目をつぶって腰を振るもえちゃんからかわいらしい喘ぎ声とともに粘膜のこすれる音がはっきりと聞こえてきて興奮します。汗が噴き出ていてセックスに没入している感じが良く出ていました。全編を通じて感情の動きを表現するセリフと表情が素晴らしいです。「きょうだいだから」という関係の強さを意識させる言葉、「きょうだいなのに」という罪悪感の言葉、「とにかく好き」の言葉を巧みに絡ませてもえちゃんの感情の盛り上がりが浮かび上がらせています。弟視点に没入してその感情を受け止めると、近親の背徳感よりも恋人気分が味わえてしまうハートフルな作品。愛あるエロと癒しを求める人におすすめしたい良作です。


  • 全編、主観映像で、エッチなお姉さんを!!

    全盛期を過ぎたと言う方もいらっしゃいますが、もえちゃんは、沢山の事にチャレンジして、レべルアップしてます。全編主観で魅せる、もえちゃんの表情にドキドキしちゃいます。ぜひ、大画面で堪能してくださいwきっと、あなたも、恋しますw


  • んー

    全盛期過ぎたよね、、、なんか毎作同じような作品ばかりwお高くとまってないでぼちぼち真正中出し解禁とかしたらいいのに


  • 汗だくだく

    暑い。熱い。エロい。両親不在のタイミングで、汗だくで迫って来るお姉ちゃんとぐしょ濡れになって交尾を繰り返す。そんな姉に憧れる!


  • 消えた輝き

    天使もえとは思えないほど、輝いていなかったです。かわいいけど、それだけみたいな感じでした。全盛期を知っているだけに寂しい思いをした。

  • 作品画像

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次